短冊家和楽 黒楽茶碗(抹茶碗) 〔川嵜和楽(川崎和楽)〕-抹茶茶碗

提供サービス




短冊屋和楽の楽茶碗による黒楽茶碗。
一品製作によって作り出され、その佇まいは深い造形美を感じさせてくれます。
茶の湯文化が花開いた桃山時代の頃より、茶器は「一楽、二萩、三唐津」と謳われ、楽茶碗が最上のものとして重宝されてきました。
その当時千利休が好んだお茶碗こそが楽焼で、もともと瓦職人だった樂長次郎に茶碗を作らせたのが楽焼の始まりでした。
そのかたちづくり、釉薬の景色の変化、手に持った時の手触りや収まり具合、そして何より抹茶の緑との色映りの良さなど、楽茶碗はまさに一服のお茶のために生み出されたうつわです。
楽焼の代表的な二色は黒と赤。
落ち着いた黒は深い味わいを感じさせてくれます。
かたち作りは安定感のある腰作りに、緩やかに内側へすぼまるような口作りが、手のひらにぴったりと収まります。
楽焼和楽による名品。こちらの商品は木箱入りございます。

商品サイズ: 直径 12.0cm 高さ 7.8cm
※こちらの商品はひとつひとつ手作りのため、サイズは多少の誤差があります。

作:川嵜和楽(川崎和楽)
京都・楽焼(日本製)

短冊家和楽 黒楽茶碗(抹茶碗) 〔川嵜和楽(川崎和楽)〕-抹茶茶碗

営業職、営業アシスタント、テレマーケティングスタッフ、Web制作の求人情報をお探しであれば、GMOソリューションパートナーまで。

短冊家和楽 黒楽茶碗(抹茶碗) 〔川嵜和楽(川崎和楽)〕-抹茶茶碗

短冊家和楽 黒楽茶碗(抹茶碗) 〔川嵜和楽(川崎和楽)〕-抹茶茶碗

評判の社員食堂や会社の様子を紹介した本社ブログです。

短冊家和楽 黒楽茶碗(抹茶碗) 〔川嵜和楽(川崎和楽)〕-抹茶茶碗