救命胴衣 エスパーダ FW-3 LL サイズ ライフジャケット 桜マーク 国土交通省型式承認品 小型船舶用救命胴衣 タイプA 作業用救命衣 大きいサイズ-メンズライフジャケット

提供サービス











船舶検査について詳しくは→日本小型船舶検査機構 JCI
◆ 警告 ◆
日本国内において、正式に「救命胴衣」「ライフジャケット」と表記できるのは、国土交通省承認品のみです。

これは、海の安全を基本とする国内マリン業界内では常識です。

国土交通省承認品以外のフローティングベスト等を「救命胴衣」「ライフジャケット」と表記して販売している無責任で常識が無い店舗や商品には、くれぐれもご注意ください。

※通常の納期につきましては、下記をご参考にしてください。
※お急ぎの際は、都度、お問い合わせいただくか、ご注文時に配達日時指定からお伝えください。


納期について3日内

■国土交通省承認について
錨屋で取り扱う国土交通省承認品救命胴衣には、5種の承認があります。簡単にご説明いたします。

【小型船舶用救命胴衣】
小型船舶(通称JCI検査艇)に、定員分を積まなくてはならない救命胴衣の承認です。

【小児用小型船舶用救命胴衣】
小型船舶に乗船させる子供用の救命胴衣の承認です。

【作業用救命衣】
ボート・漁船・大型船舶・海洋土木・潮待ち作業・河川工事・ダム工事 等の作業者が着用に適した承認です。

【小型船舶用浮力補助具】
水上オートバイ(マリンジェットやジェットスキー)のJCI検査や乗る際に着用できる承認です。漁師の着用を推進するための承認でもあります。浮力が少なくてもよい承認なので、商品は薄手です。

【HK】
大型船舶用の検定です。


■救命胴衣の着用について
現在の救命胴衣着用率は、レジャー:65.3% 遊漁船:48.4% 漁業従事者:43.9% と発表されています。

救命胴衣は、着用すれば3倍の安全性アップとなります。もっと着用率を上げて、ご自身の安全性は、ご自分でアップして自分自身を守りましょう。

錨屋は、船・ボート・釣り・水上オートバイ等のあらゆるマリンレジャーや、船上作業者・港湾作業者・漁業関係者等、水辺での業務の安全性向上の為、着用率アップを推進しています。

『救命胴衣 (海・川・水辺に)出かける時は忘れずに!しっかり着用で安全・安心!』

覚えておいて! 『海のもしも!は、118番』(海上保安庁電話番号・局番不要)


小型船舶用救命胴衣 タイプごとの特徴及び適用一覧
○タイプG
・自由な色/浮力5.85kg以上/浮力補助具
○タイプF
・自由な色/浮力7.5kg以上(小児用は※参照)
○タイプD
・自由な色/反射材、笛付き/浮力7.5kg以上(小児用は※参照)
○タイプA
・発見しやすい色(黄色やオレンジ)/反射材、笛付き/浮力7.5kg以上(小児用は※参照)
・従来の救命胴衣
小型船舶安全規則の適用(船舶検査に必要な法定備品)
航行区域が平水区域+次の2要件を満足する小型船舶(旅客船は除く)
(1)浮沈性能(船内十分な浮力を持ち、沈まない構造)
(2)キルスイッチ機能(操船者が落水時にエンジンが自動停止するもの)
航行区域が限定沿海区域+次の2要件を満足する小型船舶(旅客船は除く)
(1)浮沈性能(船内に十分な浮力を持ち、沈まない構造)
(2)キルスイッチ機能(操船者が落水時にエンジンが自動停止するもの)
航行区域が限定沿海区域と平水区域の小型船舶(旅客船は除く)左記を含む全てを航行区域とする小型船舶

平成30年2月1日救命胴衣着用義務

救命胴衣 エスパーダ FW-3 LL サイズ ライフジャケット 桜マーク 国土交通省型式承認品 小型船舶用救命胴衣 タイプA 作業用救命衣 大きいサイズ-メンズライフジャケット

営業職、営業アシスタント、テレマーケティングスタッフ、Web制作の求人情報をお探しであれば、GMOソリューションパートナーまで。

救命胴衣 エスパーダ FW-3 LL サイズ ライフジャケット 桜マーク 国土交通省型式承認品 小型船舶用救命胴衣 タイプA 作業用救命衣 大きいサイズ-メンズライフジャケット

救命胴衣 エスパーダ FW-3 LL サイズ ライフジャケット 桜マーク 国土交通省型式承認品 小型船舶用救命胴衣 タイプA 作業用救命衣 大きいサイズ-メンズライフジャケット

評判の社員食堂や会社の様子を紹介した本社ブログです。

救命胴衣 エスパーダ FW-3 LL サイズ ライフジャケット 桜マーク 国土交通省型式承認品 小型船舶用救命胴衣 タイプA 作業用救命衣 大きいサイズ-メンズライフジャケット